イランを探る:古代の富と現代のコントラストの地

中東の中心に位置するイランは、古代世界と現代文明の架け橋となる国です。イラクとパキスタンの間、オマーン湾、ペルシャ湾、カスピ海に接する戦略的な位置にあるため、何世紀にもわたって文化と経済の交流の中心地となっています。1,648,195平方キロメートルの面積に及ぶイランの地形は、その歴史と同様に多様であり、険しい山岳地帯、砂漠と山岳地帯のある高い中央盆地、両海岸に沿った小さくて不連続な平野を特徴としています。

地理的な驚異と気候

国の広大な風景は主に乾燥または半乾燥ですが、カスピ海沿岸に沿って亜熱帯のオアシスに変貌しています。イランの自然の美しさは、カスピ海の最も標高の低い地点(-28 m)から、イランの最高峰であるクーエダマバンド(5,625 m)のそびえ立つ高さまで多岐にわたります。2,440kmに及ぶ海岸線は、石油、天然ガス、石炭、各種鉱物など、豊富な天然資源に恵まれています。

経済と資源

農業はイラン経済において重要な役割を果たしており、小麦や米からエキゾチックな果物、ナッツ、豪華なキャビアまで、国土の30.10%を利用しています。国の産業部門は、石油、石油化学、繊維、食品加工など、多様です。イランの経済情勢は、特に中国、インド、韓国との貿易関係によってさらに形成されており、化学製品や石油化学製品、果物、ナッツ、カーペットとともに、主に石油を輸出しています。

社会と人口

2020年7月現在、イランの人口は84,923,314人と推定され、大多数が都市部に住んでいます。活気に満ちた首都テヘランは900万人以上の住民を擁し、マシュハドやエスファハンなどの他の主要都市がそれに続きます。イラン社会は、公用語であるペルシア語ペルシア語や、国中に広がる数多くの歴史的・文化的名所に反映されている、深く根付いた文化と遺産を誇りに思っています。

都市化と文化

人口の75.90%が都市部に住んでいるイランの都市は、伝統的な魅力と近代的な便利さが融合した活気にあふれています。この国の建築、料理、お祭りは、文化的影響の豊かなタペストリーを祝い、世界中からの訪問者を魅了しています。急速な都市化にもかかわらず、イランは過去との密接なつながりを維持しており、言語、習慣、ランドマークの保存に明らかです。

環境と開発の課題

イランは、水不足、土地の劣化、気候変動の影響など、いくつかの環境的および開発的課題に直面しています。乾燥した気候が水資源を圧迫し、2012年には推定95,530平方キロメートルに達した農地を維持するために灌漑に多額の投資を必要としています。さらに、イランの電化への取り組みは、2016年までに総人口の100%電化を達成し、都市部と農村部の持続可能な開発への道を開くという重要なマイルストーンに達しています。

進むべき道

将来を見据えると、イランは可能性と課題の岐路に立っています。国の豊富な天然資源、多様な経済、文化遺産は、成長と発展のための強力な基盤を提供します。しかし、地政学的な緊張とともに環境問題を乗り越えるには、戦略的ビジョンと国内外の協力が必要です。イランが古代の遺産を土台に築き上げていく中で、豊かな未来への道のりは、中東の複雑なタペストリーの中で説得力のある物語であり続けている。

文明発祥の地から近代国家へと変貌を遂げたイランは、その回復力と適応性を際立たせている。地政学的にも地政学的にも戦略的に重要な同国は、この地域の未来を形作る上で極めて重要な役割を果たす態勢を整えています。伝統と現代性が融合し、今後の課題と機会と相まって、イランは世界の舞台で魅力的な国となっています。

国のデータ

国コード IR
表面 1648195 平方キロメートル
地表 1531595 平方キロメートル
水面 116600 平方キロメートル
農地 30.10%
森林表面 6.80%
最低標高点 Caspian Sea -28 m
最高標高点 Kuh-e Damavand 5,625 m
GDP / 一人 $20,100 (2017 est.)