インドネシアを探る:赤道のエメラルド

地理的な威厳

東南アジアの主権国家であるインドネシアは、インド洋と太平洋に挟まれた群島です。総面積は1,904,569平方キロメートルで、陸地(1,811,569平方キロメートル)と水域(93,000平方キロメートル)が混在しています。マレーシア(1881 km)、パプアニューギニア(824 km)、東ティモール(253 km)と国境を接し、文化的および生態学的多様性の豊かなタペストリーを作り出しています。インドネシアの海岸線は54,716kmに及び、高温多湿の沿岸低地から温暖な高地まで、熱帯気候

に恵まれています。

自然景観と生物多様性

インドネシアの地形は主に沿岸の低地を特徴とし、大きな島々には内陸の山々があり、息を呑むような風景と豊かな生物多様性を提供しています。インドの標高は、インド洋の最低地点(0 m)から最高峰のプンチャックジャヤ(4,884 m)まで、大きく異なります。この地理的な多様性は、石油、錫、天然ガス、ニッケル、木材、ボーキサイト、銅、肥沃な土壌、石炭、金、銀など、幅広い天然資源を支えており、インドネシアを自然の富の宝庫にしています。

環境スチュワードシップ

国土の31.20%が農業に、51.70%が森林に覆われているインドネシアは、東南アジアにおける環境管理の最前線に立っています。これは、67,220平方キロメートルの灌漑地(2012年の推定)によってさらに強調されており、持続可能な農業と林業管理に対する国のコミットメントを強調しています。

経済・社会情勢

2020年7月現在、約2億6,700万人が暮らすインドネシアは、地球上で最も人口密度の高い地域の1つであるジャワ島を中心にダイナミックな社会構造を形成しています。その他の人口の多い地域には、スマトラ島、スラウェシ島、カリマンタン島の一部があり、インドネシア群島の多様で活気に満ちた文化を証明しています。都市人口は総人口の56.60%を占めており、著しい都市化の傾向を示しています。

一目でわかる経済

インドネシアの経済は、石油や天然ガス、繊維、自動車など、さまざまなセクターによって支えられています。天然資源の豊富さは、中国、米国、日本、インド、シンガポールを主要なパートナーとして、繁栄する輸出市場への道を開いています。農産物、特にゴム、パーム油、コーヒーは、国内消費と輸出収入の両方で重要な役割を果たしています。驚くべきことに、2017年の一人当たりGDPは12,400ドルで、継続的な経済成長と発展を反映しています。

文化遺産と近代的アイデンティティ

公用語であるインドネシア語は、民族的・文化的多様性に富んだ国において、統一的な媒体としての役割を果たしています。インドネシアの都心部、特に首都ジャカルタは、インドネシアの近代的な顔を象徴する賑やかな活動の中心地であり、根深い文化遺産を保存しています。これらの都市は、経済的重要性だけでなく、教育、文化、政治の中心地としても重要です。

明るい未来へ向け

2017年時点で1,400万人が電気を失っており、電化などの課題はあるものの、インドネシアは包摂的な成長と持続可能な開発に向けて着実に前進しています。インフラの改善に重点が置かれ、教育、保健、産業の振興に向けた政府の取り組みは、すべてのインドネシア人の豊かな未来を確保するという国家のコミットメントを強調しています。

結論として、インドネシアは、その素晴らしい地理、豊かな自然保護区、そして活気に満ちた文化的タペストリーに魅了されています。多様性とレジリエンスを誇る国として、インドネシアは持続可能性とイノベーションの道を歩み、世界の舞台でさらに明るい未来を約束しています。

国のデータ

国コード ID
表面 1904569 平方キロメートル
地表 1811569 平方キロメートル
水面 93000 平方キロメートル
農地 31.20%
森林表面 51.70%
最低標高点 Indian Ocean 0 m
最高標高点 Puncak Jaya 4,884 m
GDP / 一人 $12,400 (2017 est.)