ボリビアを探る:中南米の宝石

地理的概要

ブラジルの南西、南アメリカ中部の中心部に位置するボリビアは、広大で複雑な地形を持つ国です。その領土は1,098,581平方キロメートルに及び、陸地面積で世界で28番目に大きい国となっています。風景は、アルティプラーノとして知られる高原、なだらかな丘陵、アマゾン盆地の低地平野を含む険しいアンデス山脈によって主に特徴付けられます。ボリビアのユニークな場所は、湿度の高い熱帯気候から寒冷で半乾燥した気候まで、標高によって大きく異なる気候をもたらします。

自然環境

この国の地形は、自然の多様性の光景です。標高は、海抜90メートルのリオパラグアイの最低点から、印象的な6,542メートルに達するネバドサハマの最高点まで劇的に変化します。この変化に富んだ標高は、ボリビア経済のバックボーンを形成する錫、天然ガス、石油、亜鉛などの天然資源の豊富なタペストリーを支えています。

土地利用の面では、約34.30%が農業に捧げられており、森林は国の52.50%をカバーしています。ボリビアは海岸線のない内陸国であるにもかかわらず、息を呑むような風景と鉱物や炭化水素の大量の堆積物でそれを補っています。

社会経済的プロファイル

ボリビアは、2020年7月の推定人口が11,639,909人で、さまざまな先住民族からなる多民族社会です。人口の分布は、主に西部の高地平野、アルティプラーノ地方、東部の賑やかな都市サンタクルス周辺に集中しています。都市化の傾向は着実に高まっており、2020年現在、人口の約70.10%が都市部に住んでいます。スペイン語、ケチュア語、アイマラ語、グアラニー語が公用語として機能し、国の文化的多様性を際立たせています。

経済と産業

ボリビアの経済は多面的であり、鉱業、製錬、電力生産、農業などのセクターが関与しています。農業的には、大豆、キヌア、ブラジルナッツなどの作物の生産で有名です。鉱業部門は、銀、亜鉛、鉛などの貴重な鉱物が豊富にあるため、特に重要です。近年、ボリビアは鉱物だけでなく、キヌアや大豆などの農産物も輸出ポートフォリオを多様化しています。主要な貿易相手国には、ブラジル、アルゼンチン、米国、およびアジア諸国が含まれ、世界の貿易ネットワークにおけるボリビアの不可欠な役割を示しています。

インフラと開発

ボリビアは、豊かな天然資源と文化遺産があるにもかかわらず、インフラと開発の面で課題に直面しています。2013年時点で、約120万人が無電化生活を送っています。しかし、これらの格差を是正し、全国的に生活水準を向上させるための取り組みが進められています。2012年の灌漑地面積は3,000平方キロメートルと推定されており、水管理の改善を通じて農業生産性を向上させる可能性も浮き彫りにしている。2017年の一人当たりGDPは7,600ドルで、ボリビアは緩やかではあるが経済発展を遂げている。

結論

ボリビアは、対照的で計り知れない可能性を秘めた国です。アンデス山脈の雄大な山頂から緑豊かなアマゾン盆地まで、その地理的多様性は比類のないものです。ボリビアは天然資源と文化遺産が豊富ですが、社会経済的課題の克服に向けて努力を続けています。国が前進するにつれて、それは探検家や投資家にとって魅力的な目的地であり続け、自然の美しさ、活気に満ちた文化、そして新たな機会のユニークなブレンドを提供します。

国のデータ

国コード BL
表面 1098581 平方キロメートル
地表 1083301 平方キロメートル
水面 15280 平方キロメートル
農地 34.30%
森林表面 52.50%
最低標高点 Rio Paraguay 90 m
最高標高点 Nevado Sajama 6,542 m
GDP / 一人 $7,600 (2017 est.)